さらばださくらば

小さなWebマーケチームを率いるリーダーの話

アクセス解析を学びたい新卒に渡す最初の1冊と続きの参考書籍やURL

f:id:kaito87:20171005023907j:plain

「GAの勉強をしたいのですが、どんな本を読んだほうが良いですか?」と新卒に聞かれたときに、いつも答えていることをまとめました。

最初に渡す1冊目

現場でプロが培った Google Analyticsの使い方 (WEB PROFESSIONAL)

現場でプロが培った Google Analyticsの使い方 (WEB PROFESSIONAL)


あまり知られていない本です。Amazonでも中古品で3冊しか在庫がありません。しかし個人的には良書だと思っています。おすすめのポイントをまとめてみました。

他の本

  • 他のアクセス解析本は、辞書のような体裁と分厚さ
  • 開くといきなり指標の説明、画面の説明から入る。
  • 初心者にはとっつきづらいのではないか。

この本の良いトコロ

  • 読み物のようにさらっと読める。
  • さらっと読んで終了。それが良い。
  • それでいて、大事なことにもちゃんと触れられている。
    • 解析ツールの種類。サーバー型とビーコン型。
    • 直帰率とは一体なにか。高いのは悪いことか。
    • GA画面の設計思想。どういう考えで作られてるか。

だいぶ古い本なので、GAキャプチャの画像はもう役に立ちません。しかし考え方を学ぶことができます。

続きの参考書2冊とURLいくつか

ただ、1冊目だけでは流石に物足りないので、厚めの本を腰据えて読んでみると良いと思います。小川卓さんの『入門 ウェブ分析論』を読んでおけば間違いありません。「入門」とありますが、中身はとても骨太です。しっかり学べば間違いなく実力がつきます。


まだまだ学びたかったら、『ウェブ分析レポーティング講座』もオススメ。
レポートで重要なのはモニタリングですが、何をモニタリングするべきかという視点が身につきます。(完全に余談ですが、この本が出た頃、Googleのパンダアップデートが猛威をふるっており、個人的にこの表紙はトラウマです)

ウェブ分析レポーティング講座

ウェブ分析レポーティング講座


本を買うのはちょっと…みたいな人向けに、オススメの記事もまとめておきました。僕も最初は記事から解析の門をくぐりました。面白そうと感じたら、記事を見ながら手を動かしましょう。

analytics.hatenadiary.com

analytics.hatenadiary.com

analytics.hatenadiary.com

analytics.hatenadiary.com



今僕が愛読している本

こちらは辞書のようにつかっているのですが、今はこの1冊が非常に助かっています。著者の木田さんはGAのトップコントリビューターで知識が半端じゃないです。僕もコミュニティで質問をした時、なんどか助けていただいたことがあります。



こんな感じです

いざまとめてみて、最近の書籍をちゃんと読んでないことに気が付きました。ちゃんと読もう。