さらばださくらば

週に1回、Pocketした記事をシェアします。

広告主としてアフィリエイトをすることになりまして、読んだ本の感想をまとめます

f:id:kaito87:20170430230453p:plain

不動産サイトのマーケティングをしてるのですが、アフィリエイトに携わることになりました。アフィリエイトに触れるのは人生で初です。A8とかバリューコマースとかの名前は知ってますが、そのくらい。

この際ちゃんと勉強しようと思い、他ブログで紹介されている本をいくつか買って読んでみました。学んだことを雑に書き留めておきます。


■目次


サイト運営者が考えていることを知りたかった

知りたかったのは、「アフィリエイターさんっていつも何を考えているんだろう」ということですが、それを更に分解していくと、以下の3点に集約されたので、これを意識して読んでました。

  • アフィリエイトサイトを取り巻く制約や法律
  • どうやってみんなサイト運営を続けているのか
  • 広告主はアフィリエイターからどのように見られているのか

一方、GoogleAnalyticsやSearchConsoleの使い方、SEOについては詳しかったので、そのあたりの記述は読み飛ばしました。

読んだ本の中で良かったもの

4冊読んだ本の中で、『世界一やさしい アフィリエイトの教科書』と『プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト』の2冊はよかったです。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

アフィリエイトサイトを取り巻く制約や法律について

  • WELQの一件もあり、法律まわりはちゃんと抑えておきたいなと思いました。注意したい法律は「景表法」「薬事法」「著作権」「商標権」「肖像権」「不正競争防止法」など。

  • 特に根拠のないランキングについては、以下のような裁判も起きているため、気をつけておきたいなと思いました。

www.nikkei.com

どうやってみんなサイト運営を続けているの?

  • いろんなサイトでおすすめされているASPは以下の通りでした。僕は試しに全部登録しています。

  • ASPが主催しているセミナーや勉強会では、実際に広告主に会って話すこともできるらしく、積極的に参加したほうが良いなと思いました。

とにかく、約8割のアフィリエイターが収入1000円未満。続けることは大変。楽しんだり情熱を燃やしたりするような工夫がなくてはいけない。商品のジャンルに特化したサイトを作る方法もありますが、イケダハヤトさんのように、商品のジャンルを絞らず自分軸でいろんな商品やサービスを紹介するスタイルもあり、自分にあったものは何かをしる必要があるなと思いました。読書や旅行記、商品レビューは気軽にできるので、ここをまず始めてみようと思います。

広告主はどのように見られているのか

ズバリな記載はありませんでしたが、商品ジャンルや単価の考え方が、間接的に広告主の見られ方だと感じました。

  • 特単をねらいたい。でも最初は実績が大事(というか、その前に記事を書くことを習慣化しようね)
  • カジュアルに成約を狙うには単価が低いものだが、儲けたいなら単価が高いもの。
  • ただし単価が高くて成約率が低いと意味がない。

また、アフィリエイターと広告主が直接遭うのはセミナーや勉強会がメインになっている。良い記事を書くためには広告主に聞いてみる、広告主を意識した記事を書いてみる、などの助言がありましたが、どれも初心者向けなのかなという印象。

著者はすごい人たちでした

染谷昌利さん

鈴木利典さん

参考:他に読んだ本

アフィリエイトの王道

アフィリエイトの王道

ど素人でも稼げるネット副業の本

ど素人でも稼げるネット副業の本