さらばださくらば

週に1回、Pocketした記事をシェアします。

WELQ問題の調査報告書を読んだ


読んでない人はぜひ読んでほしい。

リンク貼っとくよ!(PDF)
第三者委員会調査報告書(要約版)公表のお知らせ


読みながら思ったこと。

  • 第三者委員会の調査報告書を読みましたが、なんかこう、、、他人の事とは思えず、読み込んでしまいました。特にP27からは、個人的には必読だと思っている。

  • 「永久ベンチャー」の理念を標榜するDeNAの気持ちは痛い程よくわかります。単体でも従業員数は1000人を超える。創業当時のスピードとスピリットが失われてゆくのを、経営陣は歯がゆい思いで見つめていたに違いない。もうすっかり「ベンチャー」と名乗れるサイズではなくなったが、当時のスピリットだけは風化させてはならない。そう思っての「永久ベンチャー」だったはず。DeNAほどのビジネスサイズになれば必ず罹患する"大企業病"ですが、それを当然とは捉えず抗い続ける、崇高な理念だったと思います。

  • それもあって、今回の調査報告書を読んで、なんか、こう、、、胸に迫るものがありました。

  • でもやはり、「企業は社会の公器である」という観点から見ると、DeNAの今回の問題は望ましいものではなかったのでしょう。調査報告書にもある通り、「大企業であることを"病"と捉えず、チャンスと捉える発想の転換や柔軟性が求められる」のだと思います。


印象的だった、幾つかのツイート