さらばださくらば

小さなWebマーケチームを率いるリーダーの話

プログライミングが得意だった同僚の話

3年ほど前に退職した同僚が、転職先の会社の採用ページで紹介されてた。彼はアメリカ大学でエンジニア系の学部を卒業し、うちの会社に転職してきた、という経緯がある。(※彼は日本人である)

 

広告代理店を経験した者はわかると思うが、ネット専業の広告代理店で、プログラミングやエンジニアリングの素養がある人は少ない。HTMLくらいなら大丈夫だが、PHPMySQLはお手上げ、というのが大多数だ。

 

そんな中、彼は異色で、分析官でありながらバリバリ技術のことが分かり、フロントに立ってクライアントにも説明ができる、稀有な存在だった。僕も彼と一緒に仕事したが、テクノロジー観点からマーケティングを捉え、エンジニアに寄り添う彼の姿に非常に感銘を受けた。

 

僕はプログラミングが苦手だ。自分でコードを書いてサービスを作った経験がなく、コンプレックスを感じている。分析には自信があったが、プログラミングの強みを活かしてゴリゴリ分析を進める彼の姿を見て、「彼には勝てないなぁ」と自分の限界を感じた。

 

そんな優秀な彼は「数年は潜って修行します」といって転職していった。もう3年くらい経つと思う。

 

昨日、彼の元気そうな姿を採用サイトで見て、とても懐かしい気持ちになった。彼の履歴を見てみると、彼が作ったWebツールへのURLが設置されていた。非常によく出来たツールだった。

 

彼は好きな分野を追求し、得意を活かし、ついに自分のつくったツールを世に出すにまで至ったのだ。スゴイなぁという羨望を感じ、振り返って自分のキャリアを振り返った。僕は、まだまだ何も成し遂げていないなぁと。

 

 

今までに何度もプログラミングを挫折している。もうちょっと別の形でアプローチしなきゃ。