さらばださくらば

小さなWebマーケチームを率いるリーダーの話

確率思考の戦略論を読んで

またまたUSJの森岡さんの本。今の自分に必要な本だった。

 
マーケティングとは、つまるところ顧客のプリファレンスの獲得であり、選ばれる確率を引き上げていく行為である。
 
常に市場全体のプリファレンスを引き上げるかを考える。変数は、プリファレンスと認知率と配荷率である。なとなど、他のマーケティング本とは一線を画するもので、非常に刺激的であった。
 
なかでも最も大きな収穫は、悩み続けていた僕自身の仕事の指針がクリアになったことだった。
 
僕の仕事とは、合理性の幅を広げ、アートと呼ばれる領域をなるべく小さくすることなのだ。
 
趣味で組織学習を勉強してたのは、論理と現場をつなぐ存在になりたいというモチベーションが源泉だった。
 
この哲学を胸に、興味関心が向く方向に足をすすめ、事業と自己の成長が合致する方向で頑張っていこうと思う。
 
本の感想を書くはずが大いに外れてしまった。森岡さんにはただただ感謝である。