さらばださくらば

週に1回、Pocketした記事をシェアします。

今週のPocket:YahooのAMPサポート、ネット広告費1兆突破、Googleの動画解析APIなど、14記事

2017/03/13のまとめです。

■ analytics

今のところ解決方法はないみたい。

AMP AnalyticsにおけるIPアドレス計測の問題
https://sem-technology.info/ja/google-analytics/amp-analytics-ipaddress


ppc

3月29日から実施。Facebookでもデフォは1日ですし、今後は各社はこの流れに従うのかもしれません。

AdWordsのビュースルーコンバージョンの計測期間がデフォルト1日に
http://unyoo.jp/2017/03/adwords_vtc_default_oneday/


Googleの自動化は凄まじい。しかし日本ではGoogle以外の媒体は、まだまだ自動化されているとは言えない状況だと思う。

Should PPC agencies be scared of automation?
https://martechtoday.com/ppc-agencies-scared-automation-196006


たしかにアカウントの切り替えはめんどくさい。

Googleのマーチャントセンターが、マルチアクセスに対応
http://unyoo.jp/2017/03/multi-access-for-google-merchant-center/


seo

AMPに関する記事2本。今後ますます普及が進みそうですね。

ECサイト初のAMP成功事例? AMP対応したインドのショッピングサイトは1日の注文が52%増加、一覧ページのトラフィックが59%増加
https://www.suzukikenichi.com/blog/first-succesful-case-study-of-amp-ecommerce/

日本のYahoo!検索がAMPサポートを表明、日々5,800万のYahoo!検索ユーザーがAMPページにアクセスすることに
https://www.suzukikenichi.com/blog/yahoo-japan-is-said-to-support-amp/


「ライターはやっぱり自分で記事を書きたいことがわかった」

自動コンテンツ作成AIツールArticooloのCEOが語ったAIとライターの未来
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/03/08/25207


SEOでROIを意識するのは大変なことだと思いますが、しっかり取り組まれていて素晴らしい。

[対談]2017年のSEOはどうなる? 楽天市場SEOマネージャー近谷氏とアイレップ吉野氏が語る3つのポイント
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/03/07/24897


マーケティング

まだ読んでません。

村上春樹『騎士団長殺し』過去最高130万部で発売、新刊をニュースとして届けたプロモーション戦略
https://www.advertimes.com/20170308/article245799/


昔の記事ですが、面白いです。「これ、テレビCMのセオリーだと真逆なんですよ。だって、『テラスハウス』を起用することは、完全に40代以上は対象外でですから。下手したら30代以上も知らない。ただ、僕としては最初に20代女性がほしかったんですね。そこさえとっちゃえば、Frilを含め、他社に圧倒的に勝てると思った。」

広報の価値をわかっていない経営陣は「勝つ気がない」–LINE・メルカリが語る、PRの重要性 - ログミー
http://logmi.jp/163871


■ 他

大台に乗りましたね

インターネット広告媒体費が1兆円突破 運用型広告の割合は7割を超える
http://web-tan.forum.impressrd.jp/u/2017/03/07/25217


これは凄い!

Google Video Intelligence API 無料公開!動画内の情報解析が『誰でもできる』時代へ
https://bita.jp/dml/google-video-intelligence-api


外国でも日本人の良さを活かせる人は強いですね。

営業マンからスタンフォード大のアメフトコーチに転身。44歳日本人は負けない
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/07/story-about-kawada_n_15205384.html


知らない領域ばかりなのでじっくり読もう。

CSS Niteベスト・セッション2016
http://cssnite.jp/archives/best-session2016.html

今週のPocket:LINEのニュース改革、AdWordsScript、吉本興業のインフルエンサーマーケティング参入など

2017/03/06のまとめです

■analytics

面白い。ついついエクセルをいじって分析してしまう人向け。

私たちはいかにして環状線で”悪さをする列車”を捕まえたか
http://postd.cc/how-we-caught-the-circle-line-rogue-train-with-data/


ppc

AdWordsScriptの事例をまとめて2本。

変化する情報を広告に挿入し、生活者の関心を高める 楽天トラベルの自動化プログラム成功事例
https://www.ja.advertisercommunity.com/t5/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B/%E5%A4%89%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%AB%E6%8C%BF%E5%85%A5%E3%81%97-%E7%94%9F%E6%B4%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E9%96%A2%E5%BF%83%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B-%E6%A5%BD%E5%A4%A9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%8C%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%88%90%E5%8A%9F%E4%BA%8B%E4%BE%8B/ba-p/41000

増え続ける検索クエリをしっかり捉えて成果につなげるには?検索クエリ自動追加ツールの導入成功事例:ビズリーチ
https://www.ja.advertisercommunity.com/t5/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B/%E5%A2%97%E3%81%88%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%8D%89%E3%81%88%E3%81%A6%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF-%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%AA%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%B0%8E%E5%85%A5%E6%88%90%E5%8A%9F%E4%BA%8B%E4%BE%8B-%E3%83%93%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81/ba-p/40168


ダッシュボードの重要性は僕自身も実感しています。洞察を得られる指標をモニタリングすることが必要。

Stop Wasting Time on PPC Reporting – Use Custom Dashboards Today
http://www.ppchero.com/using-google-analytics-custom-dashboards-for-ppc-reporting/


seo

「エンティティ」はとても重要な概念なので、知らないならきちんと抑えておきたい。

AI世代の検索エンジンについていくための「セマンティック検索」「エンティティ」基礎入門 (前編)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/02/27/25107


「いま(巷で)叫ばれている『インバウンドマーケティング』というのは、極端に言えばWeb制作会社が、自社のオフィスが入っているビルの下で通りを毎日掃除していれば、いずれ誰かが見つけてくれて"あの会社は良い会社で、良いサイトを創るはず"と思って問い合わせてくれる、と言ってるようなもので、そんな簡単なもんじゃないよね」

宣伝会議の「インバウンドマーケティング」が僕の知ってるやつとだいぶ違う件について。 - 笑顔を創りたいWeb屋の日常
http://toksato.hatenablog.com/entry/inbound-marketing/


sns

LINEのニュース改革が巷を騒がせましたね。上場しましたし、広告在庫を増やして収益を上げたい意図もあるのでしょう。

打倒ヤフー!LINEがニュース大改革に動いた
http://toyokeizai.net/articles/-/160714

【1分で分かる】LINEが世界で負け続ける本当の理由 - 小倉さんは考えた
http://www.ogura.blog/entry/2017/02/28/190245


個人がメディアになる時代ですが、「また広告かよ、騙された」という声を増やさないでほしいなぁ。

吉本興業インフルエンサーマーケティング事業を開始「本気でSNS市場をとりにいく」
https://www.advertimes.com/20170228/article245034/


いいねした人の類似ターゲティングとか。

Facebook広告で、Facebookページの投稿や広告に反応した人をターゲティング可能に!|アナグラム株式会社
https://anagrams.jp/blog/facebook-engagement-custom-audience/


Youtuberの収入源にもなるでしょう。

Facebookが動画内に挿入できる広告ブレークを導入へ―、広告収益の55%がクリエイターのもとに
http://jp.techcrunch.com/2017/02/25/20170223facebook-ad-breaks/


マーケティング

マーケティングとデジタルマーケティングは対比させて考えるべきものではなく、「マーケティングのデジタル化」にこそ、デジタルマーケティングの本質があります。」

マーケティング組織を強靭化して顧客ごとの経験価値を最大化する
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/02/27/25075


■他

やってみたところ、34歳と判定されました(老けてる)

マイクロソフトのAI「りんな」、ECサイトでファッションアドバイスを開始
http://eczine.jp/news/detail/4320


面白いけど長い!

シリコンバレーのエンジニアが語る、誰にも悪気はなかった話
http://chibicode.com/the-prize/


個人的おすすめ記事。機械学習・AIをちゃんと分類して理解しよう。

そういうことだったのか!と思わずうなずく「機械学習」超入門
https://ferret-plus.com/6215


botにハマっています。

今知らないといけないbotの現在地。ビジネスで成果を残すために使うべきbotとその成功の鍵とは?
https://seleck.cc/941


「仕事の要求度が高いのに裁量権や自由がないと、人はストレスを感じ、疲れやすくなるというもの。」

「好きで長時間働くのがなぜ悪い!」という人に産業医から伝えたいこと
https://mirai.doda.jp/series/interview/masashi-omuro-2/

今週のPocket:来店コンバージョン、アドカスタマイザー、Facebookの転職市場参入など

2017/02/27のまとめです。

■ analytics

「パーティーサイズを買ってくださった人の行動を1人ひとり見ていくと、そのサイトとピクトケーキの本体サイトをずっと行き来していることがわかりました。どうやらパーティーサイズと、ピクトケーキの中で一番大きい「ダブルサイズ」ケーキの、どちらが良いかを見比べていたみたいなんです。」

株式会社BAKEの、UserInsightとOptimizelyを活用したECサイト改善の裏側とは
https://seleck.cc/937

 

ppc

来店コンバージョンについて2本。ロケーション履歴だけではなく、Wifiの情報も使用できるんですね。

AdWords の「来店コンバージョン」から見えてくる広告の未来  – グーグル合同会社 信濃伸明氏
http://unyoo.jp/2017/02/store-visit-conversions/


「来店コンバージョンからの店舗集客数を知る」 KDDI検索連動型広告からの au ショップ来店数を可視化し、広告投資対効果の可視化を実現
https://www.ja.advertisercommunity.com/t5/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B/%E6%9D%A5%E5%BA%97%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%BA%97%E8%88%97%E9%9B%86%E5%AE%A2%E6%95%B0%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B-KDDI-%E3%81%8C%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E9%80%A3%E5%8B%95%E5%9E%8B%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE-au-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E6%9D%A5%E5%BA%97%E6%95%B0%E3%82%92%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96%E3%81%97/ba-p/34578

 

意外とこの方法について知らない人も多いのでは?

検索語句のニーズの汲み取り方と検索語句に隠されたウラの意図|アナグラム株式会社
https://anagrams.jp/blog/how-to-understand-the-intent-of-a-search-query/

 

バナー追い回すだけがリマケじゃないよ。

リスティング広告をやっているなら絶対押さえたい!リマーケティングの種類
https://marketer.jp/listing-ads-remarketing.html

 

やっと。。Yahooの遅さが日本のデジタルマーケの足を引っ張っている部分があると思う。

Yahoo!スポンサードサーチに「アドカスタマイザー」が登場
http://unyoo.jp/2017/02/yahoo-ad-customizers/

 

今のところIF関数で使えるのは「デバイス」と「オーディエンス」の2つだけ。

NEW: Tailor Ads by Device or Audience with AdWords IF Functions
http://www.wordstream.com/blog/ws/2017/02/07/adwords-if-functions

 

seo

ちゃんと読みます。

ページを1秒以内に表示するための最新技術、そしてSEOの未来(テクニカルSEOの復権 最終回)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/02/20/24816

 

sns

Facebookと違い、CRMのように使えるのがLINEの良いところ。

LINE経由の成約率が9割越え~バイク王がLINE活用で目指すゴール
http://markezine.jp/article/detail/26048

 

おぉ、どうなる?

Facebookが求人・転職市場に本格参入
https://www.businessinsider.jp/post-914

 

マーケティング

上司のこうやって説得できるのは凄いな

「あなたの年代がターゲットではない」と反論 目標の倍売れたチョコ
http://withnews.jp/article/f0170214003qq000000000000000W00o10101qq000014715A

 

「健康食品や化粧品をECサイトなどで掲載されている「お試し」「送料のみ負担」といった表示を見て、1回だけの購入つもりが定期購入になっていたというトラブルが急増」

通販・ECの「定期購入」の改善を――埼玉県が国に支払額の総額表記など求め要望書
https://netshop.impress.co.jp/node/4034

 

筆者の趣味全開の記事で、面白い。

【海外事例】音楽ストリーミングサービスでユーザーのマイクロモーメントを捉える
http://unyoo.jp/2017/02/casestudy_music_streaming_branded_moments/

 

■ 他

本を読もう。

FICCの荻野英希さんと、Fringe81の松島稔さんがカジュアルにおすすめした書籍を読んでる話
http://www.standardinc.jp/books/mr-ogino-and-mr-matsushimas-recommended-books/

 

チャンスと考える人も多いのでは

資生堂、英語を公用語に 18年に本社部門で :日本経済新聞
http://mw.nikkei.com/sp/!/article/DGXLASDZ20IVU_Q7A220C1TJC000/

 

プログライミングが得意だった同僚の話

3年ほど前に退職した同僚が、転職先の会社の採用ページで紹介されてた。彼はアメリカ大学でエンジニア系の学部を卒業し、うちの会社に転職してきた、という経緯がある。(※彼は日本人である)

 

広告代理店を経験した者はわかると思うが、ネット専業の広告代理店で、プログラミングやエンジニアリングの素養がある人は少ない。HTMLくらいなら大丈夫だが、PHPMySQLはお手上げ、というのが大多数だ。

 

そんな中、彼は異色で、分析官でありながらバリバリ技術のことが分かり、フロントに立ってクライアントにも説明ができる、稀有な存在だった。僕も彼と一緒に仕事したが、テクノロジー観点からマーケティングを捉え、エンジニアに寄り添う彼の姿に非常に感銘を受けた。

 

僕はプログラミングが苦手だ。自分でコードを書いてサービスを作った経験がなく、コンプレックスを感じている。分析には自信があったが、プログラミングの強みを活かしてゴリゴリ分析を進める彼の姿を見て、「彼には勝てないなぁ」と自分の限界を感じた。

 

そんな優秀な彼は「数年は潜って修行します」といって転職していった。もう3年くらい経つと思う。

 

昨日、彼の元気そうな姿を採用サイトで見て、とても懐かしい気持ちになった。彼の履歴を見てみると、彼が作ったWebツールへのURLが設置されていた。非常によく出来たツールだった。

 

彼は好きな分野を追求し、得意を活かし、ついに自分のつくったツールを世に出すにまで至ったのだ。スゴイなぁという羨望を感じ、振り返って自分のキャリアを振り返った。僕は、まだまだ何も成し遂げていないなぁと。

 

 

今までに何度もプログラミングを挫折している。もうちょっと別の形でアプローチしなきゃ。

確率思考の戦略論を読んで

またまたUSJの森岡さんの本。今の自分に必要な本だった。

マーケティングとは、つまるところ顧客のプリファレンスの獲得であり、選ばれる確率を引き上げていく行為である。

常に市場全体のプリファレンスを引き上げるかを考える。変数は、プリファレンスと認知率と配荷率である。なとなど、他のマーケティング本とは一線を画するもので、非常に刺激的であった。

なかでも最も大きな収穫は、悩み続けていた僕自身の仕事の指針がクリアになったことだった。

僕の仕事とは、合理性の幅を広げ、アートと呼ばれる領域をなるべく小さくすることなのだ。

趣味で組織学習を勉強してたのは、論理と現場をつなぐ存在になりたいというモチベーションが源泉だった。

この哲学を胸に、興味関心が向く方向に足をすすめ、事業と自己の成長が合致する方向で頑張っていこうと思う。

本の感想を書くはずが大いに外れてしまった。森岡さんにはただただ感謝である。

本はナマモノである

そこそこ本は読んできた。持論だが、本はナマモノだと思ってる。

 

1冊読むのにどのくめらいかかるか、と聞かれることがある。僕は1冊15分くらいで読む。本は最初から最後まで丁寧に読み進めることはない。まえがきを読んで、あとがきを読んで、目次を丁寧に眺め、気になる章を2~3読んだら、その本は読む価値があるのかどうかが分かる。

 

学生の頃は、全て完読すれば意味がわかるのではないか、と丁寧に1ページ1ページ読み解いていた。そうやって何十冊も読んでいるうちに、最初に心惹かれない本は、読み進めても身になることがないということを理解した。

 

本1冊から何か1つでも得られるものがあれば、もうそれで終わり。格言でもヒントでも気づきでもなんでも良い。どんなに小さいことでも新しく何かが得られれば”読んだ”ということにしてしまう。本の見切りは早くつけて、さっさと先に進んだほうが良い。

 

本との出会いはナマモノだと思ってる。昔読んで心揺さぶられ涙した本でも、数年後読むと全く心に響かない本がある。以前読んでシックリ来なくても、問題意識がかわった今読むと、全く別の本に見える時がある。合わない本に出会っても「今じゃなかった」と思ってそっと本棚に戻せばいい。数年後、同じ本に違った形で出会うかもしれない。その時は、素晴らしい本に見えるかもしれない。

 

僕は本が大好きだ。

 

運用型広告のキャリアとか悩ましいよね

広告運用者(AdOps)としての生き方 ーまとめ編 ~ admarketech. http://www.admarketech.com/2015/12/life-as-an-adops.html

個人的にすごい良い記事だと思う。

頷ける点がたくさんあった。

特に印象的な箇所をまとめてみる。

(職能/スキルについて、重要性と実際の人材のバランスの)一番ギャップが大きいのは Analytics(分析)で37%、次いで Mobile(モバイル)、Content Marketing(コンテンツマーケティング)、Social Media(ソーシャルメディア)、Email Marketing(Eメールマーケティング)と続きます。

どの企業もプロモーションをやりっぱなし。浅く分析して次に進んで、また同じ失敗を繰り返している。 結局どこが問題なのか。レバレッジポイントはどこか。それを分析し、提案してくれる人材を欲しているのだと思う。

もしくはデータサイエンティストのような人材をイメージしているのだろうか。 統計ができて、エンジニアリングができて、かつビジネス理解も深くて、なんて人材はどこを探してもいない。

そういうのをひっくるめて「分析職」とまとめているんだと思う。

広告費における運用型広告の利用比率が高まるにしたがって、広告の設計、制作、入稿、入札、分析、提案、最適化などが、プラットフォームの数だけ発生します。広告主の成果を引き上げながらなるべく掲載費と予算を近づけるために、(主に広告代理店に)運用の強い負荷がかかっていくことになります。

僕が代理店側の人間だからってのもあるけど、すごく実感している部分。
新しいサービスが出るたびに発生する学習コストは馬鹿にならない。日を追うにつれて対応しなければならないプラットフォームが増えていくから、昔は3か4覚えれば良かったけど、今じゃ8や9も覚えなきゃいけなくなる。

みんなどうやって対応しているんだろう。これ結構つらいんだよな。

トレーディングデスク「Operative」の CEO である Lorne Brown が「広告代理店にとって、広告運用者は配信システムではなく、製品そのものである」という記事を書いたことに象徴されるように、運用型広告を扱う組織において運用者や運用業務そのものを強化することは、広告主の広告効果の維持向上のみならず、取引規模の増大やスイッチングの防止、それにともなった収益性の向上、媒体費に左右されない収益モデルの確立など、多くの企業にとって競争力の源泉となり得るのではないでしょうか。

これは一番心に響きました。運用型広告のプレイヤーって黒子だからあんまり注目されないんだけど、優れたプレイヤーを抱えることは会社の優位性になるよね。
プレイやーを育成する仕組み、哲学や文化の形成、業務プロセスの最適化は、代理店にとっての差別化となる。

2013年11月に行われた AdOps Summit では、「広告運用に従事する社員の平均寿命は15ヶ月と言われており、勤続期間を伸ばし、退職を防ぐためには、広告運用がキャリアとして認められ出世の可能性があるという状況を作る必要がある」という警鐘が鳴らされていました。

つらいもんね。でも15ヶ月って短すぎ。他分野で経験があればいいけど、全くの初心者が15ヶ月で運用型をやめるってもったいないなぁと思います。

T型メンバーで構成された組織であれば、重要な局面でお互いに(足手まといではなく)支え合うことができます。それは、「人材の余剰」ではなく、「本質的な冗長性」です。

「本質的な冗長性」」って言葉がとても良いなと思いました。

スペシャリスト(I型人材)だけで構成されたチームでは、各個人が自分の専門分野の擁護者になってしまう傾向があるため、政治の優先順位が高くなり、折衝が長引いたり、中途半端な妥協に落ち着くことが多い傾向がある一方で、T型人材が集まる組織では、ヨコの知見と自身のタテの矜持によってそれぞれの専門性にリスペクトが生まれやすいため、政治に走りにくく、アイデアの共有や化学反応が起きやすい」

確かになるほどってなるけど、Tの「─」にどんなスキルを当てはめればいいだろうか。運用型広告のスキルって”プラットフォームへの習熟度”や”業務プロセスの最適化”の割合が大きくて、他のスキルとの接続性ってそこまで高くないのではないかと思ったり。

SEOとかはUXやHTMLやSocialは避けて通れないから勉強できるけど、運用型は本業が忙しすぎてなかなか手が出せない。運用型しながらスキルの枝葉を伸ばしていくって大変だよね。