さらばださくらば

週に1回、Pocketした記事をシェアします。

単価調整ばかりのリスティング業務になっていないか?

f:id:kaito87:20170809165955p:plain

優れた広告文は"資産"となる

同僚が作ったアカウントを引き継ぎ、運用しています。彼はこれまで何度も広告文のテストを繰り返しており、最適な広告文を模索していました。

僕も新しく広告文を考えるのが好きなので、何度か自分なりのコピー考えて出稿しています。しかし同僚が苦労の末に作り上げた"勝ちコピー"にはなかなか勝てない。洗練された広告文・コピーは資産になることを学びました。


減価償却できる仕事をしよう

運用型広告では、入札価格の調整業務に多くの時間が割かれています。しかし単価調整は、どこまでいっても"調整"に過ぎないと僕は思います。CPAは改善されるかもしれないけど、CVの拡大にはつながらない。

新しい広告文づくりにチャレンジしているか、LPは正しく検証されているか、新しいクエリに出稿しているか。広告アカウントが"資産"となるような仕事をしているか。

極論ですが、入札価格は一切調整しなくてもいいと思います。それよりも"資産"になるような、掛けた労力が減価償却できるような仕事をすることが大事です。そのために、1ヶ月の時間の使い方を計測してみて、どんなことに時間を使っているか振り返ってみましょう。調整や分析ばかりに時間を使っているようなら、使い方を考えなくてはいけません。

今週のPocket:GoogleMarketingNext、WELQ退場から半年、P&G、R/GA日本支社、など12記事。

f:id:kaito87:20170531002545p:plain

【今週の一言】

カメラ教室に申し込んだ影響で、行動が変わり始めています。

まず、出不精の僕が外に出るようになりました。土曜日は荒川の河川敷に出かけて写真を撮ってきました。久々に1万歩以上歩き、クタクタになりましたが、良い傾向だと思います。

また、Instagramで良い写真を探すうちに、今までわからなかったInstagramの良さが徐々に理解できるようになってきました。お金を払ってでも新しいことを始めるというのは大事なことですね。

■ analytics

「ページの価値」計測で良いんじゃないかとおもったり。 www.kagua.biz

ppc

広告向けAMP、GoogleOptimize、モバイルフレンドリーテストは直ぐに使えそう。 www.wordstream.com

深夜の発表だったのですが、朝7時には記事になってました。早すぎ。AMPのβ版に申し込んでみよう。 unyoo.jp

seo

日本の事例が海外のカンファレンスで紹介される事例が増えてきましたね。 www.suzukikenichi.com

とはいえ、最低限気にするべきところだけ抑えて。 www.huffingtonpost.jp

自衛と言われても、調べ物ワードが汚染されていては、自衛もできない。 webweb.jp

マーケティング

「自分が詳しいと思ったらおしまいだと思っている」 lineblog.me

■ 他

Excelの画面を見た瞬間にホッとしました。 bita.jp

海外で名のあるエージェンシーなので、非常に気になる。 www.campaignjapan.com

恐怖を具体的に書き出すと、次のアクションにつながりやすくなる。 www.salesforce.com

TVCMをプログラッマティックに購入できるようになる未来を夢見ていますが、ちょっと先になりそう。 www.nikkei.com

試しに使ってみた所、確かに使いやすかった。 jp.techcrunch.com

広告運用が自動化される時代に求められる仕事のスタンスについて、考えてみた。

f:id:kaito87:20170530233643p:plain

2年前くらいに書いた「運用者のキャリアって悩ましいよね」というコラムを、会社の人が読んでくれたようで、面白いといってもらえました。 月間100PVの弱小ブログですけど、こういう一部の層に向けて書いているので感想を頂けるのは非常に嬉しい。

久々の広告コラムは「自動化」について。前回書いたことから、いろいろ思考を通してみたので、雑にまとめてみます。

自動化で「捨てられる」仕事とは

なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?を読んだ。

リステイング広告は完璧を目指すとキリがない。だから、取り組むこと以上に「捨てること」を決めることが必要だ、という一節がありました。

うむ、確かに。

本書では、リスティング広告で「取り組むこと」と「捨てること」について、次のようにまとめてありました。

捨てること
リスティング広告だけで成果を出そうとすることへのこだわり
・マニュアル(手動)管理志向(アンチ自動化志向)
・部分成果至上主義

取り組むこと
・戦略(上流)
・自動化
・環境調査

今はGoogleの自動入札が進化したから、「あとは全部Googleに任せる」という選択肢も、確かにアリだと思います。代理店に勤めているときは、こういうことを考えたこともなかったので、ちょっと新鮮でした。


自動化されるのはタスクである

AIが我々の仕事を奪うのではと言われていますが、そんなことはないと思う。少なくとも僕が身を置いている広告の世界ではそうだ。奪われるのは「仕事」ではなく「タスク」だと思います。

AIでなくなるのは「仕事」ではなく「タスク」、あなたの毎日がワクワクになる!? | Digital Innovation Lab

自動化が進んでいるのはGoogleFacebookなどの海外サービスであって、(Yahooを始めとする)日本のサービスでは、まだまだ手動対応しなければならないところが多い。SmartNewsは最近頑張っている印象だけれど、それでも自動化されるのは運用業務のごく一部。

ただし、運用者の仕事はどんどん二分されると思う。

「入札業務はすべて機械に任せる時代だから、自分は他の仕事をしよう」と考えている人は、自然とそういう仕事が入ってくるし(そうなるように仕事しているから)

「いや、結局手動対応が大事だから、手動対応で丁寧に運用しよう」と考えている人は、そういう仕事が引き続き入ってくると思う。(だってそういう風に仕事しているから)


結局は仕事のスタイル

やはり手動運用が全面的になくなるとは考えづらい。消えることは当分ないと考えています。

ただし、運用者の広告観や仕事のスタイルによって、今後どういう仕事をするかが変わってくるのかなとは思う。(広告に限った話でも無い気がするけど)

一般的に、"自動化"と聞くと、「機械が出来ない、人間にしか出来ない仕事は?」」みたいな問いになりがち。下の図のように、襲いかかる波から生き伸びるため、「人間にしか出来ない仕事」を求めて逃げるイメージ。 f:id:kaito87:20170524015119p:plain

だけど、個人的にこの問いの立て方はなんだかズレているような気がしていて、前述のように、機械が自動化するのはタスクの方だし、今や「入札業務は行わない」というスタンスもアリなわけで。

だったら、「やりたい仕事をするために、機械に働いてもらう」という考え方のほうが健康的だと思うんですよね。 f:id:kaito87:20170524015136p:plain

という考えを、社内の勉強会でつかった資料も交えて書いてみた。

今週のPocket:統計ダッシュボード、運用型広告で意識すること、グロースハックのプロセスなど6記事

f:id:kaito87:20170521225245p:plain

【今週の一言】

サイタのカメラ教室に申し込んでみました。半年前に買ったカメラが押し入れの奥で埃を被っていたので、強制的にアウトプットする環境をつくりたい、というのと、これ以上座学で勉強することに限界を感じていたので、理論的に学びたいというのが理由です。6月から本格的に始まるので頑張ります。

さてお待たせしました、今週のニュースです。

■ analytics

僕も同じ意見で、フロー系レポートは使わなくてもいいと思います。パターンが多岐にわたりすぎるので、特定ページの直前・直後に絞ったほう良いなと思っています。フォーム直前ページとか、見るとおもしろいです。 web-tan.forum.impressrd.jp

ppc

YDNは今年に入ってから改善に意欲的。どんどんGoogleに近くなっていきますね。個人的には、早く広告グループ単位での調整をもっと柔軟にできるようになって欲しい。。 unyoo.jp


同意です。加えて「情報を鵜呑みにせず一次情報を重要視する」とかも大事だと思います。 unyoo.jp


マーケティング

面白い。ずっと触っていたくなる。

統計ダッシュボード


■ 他

うちのセクションでも話題に。ユーザーテストの勉強とかやってみようかしら。 growiz.us


情報が多すぎてお腹いっぱい感ありますが。GoogleHomeと画像認識の今後が楽しみです。 jp.techcrunch.com

GASをつかってGoogleカレンダーの予定を取得し、Googleスプレッドシートに記載する

共通のまえがき

  • 自分向けのメモなので、コードを記載して何か起きても責任は取りませんm(. .)m

GASをつかってGoogleカレンダーの予定を取得し、Googleスプレッドシートに記載する

今回作りたいのは、GASをつかって、カレンダーの予定をスプレッドシートに書き込むもの

こうやってGoogleカレンダーの予定を取得し…

function Calendar() {
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('XXXXXXXXXXXX');//カレンダーIDを指定
  var events = cal.getEventsForDay(new Date('2017/05/09')); //対象の日付を指定
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();//アクティブなシートを指定
 
  for // forで繰り返し
    (var i=0; i<events.length; i++){//繰り返す回数は予定の個数分
      ss.getRange('A'+(i+1)).setValue(events[i].getTitle());//A1に代入 予定のタイトル 代入したらiに1を足す
  }
}



こんな風にスプレッドシートに書き込むスクリプト

開始時刻や終了時刻、場所は今回取り扱わない。シンプルに名前だけ。

f:id:kaito87:20170510021611p:plain

※実際に取得できたものを書き換えてます

Googleカレンダーから取得する

  • functionの名前は任意

    • とりあえず、"Calendar"としておく
  • どこのカレンダーから予定を取得するのか問題

    • カレンダーIDをつかって、予定を取ってくるカレンダーを指定する
    • 指定するためには、getCalendarByIdメソッドを使う
  • 次は取得する日時を指定しなくてはならない。

    • getEvents と getEventsForDay の2種類
    • getEventsメソッドでは、日付範囲を指定できる。
    • 特定の日付のイベントだけを取得するgetEventsForDayメソッド
//getEventsForDayをつかう場合

function Calendar() {
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('XXXXXXXXXXXX');//カレンダーIDを指定
  var events = cal.getEventsForDay(new Date('2017/05/09')); //対象の日付を指定
}

スプレッドシートに書き込む

  • スプレッドシートでアクティブシートに書き出すことにする。

    • getActiveSheetメソッド
    • SpreadsheetApp.getActiveSheet()と記載すると、アクティブシートを指定できる。
  • For文と、いくつかのメソッドを使って予定を書き込む

    • lengthメソッドで、指定した日付に予定がいくつあるか、数えることができる
    • getRangeメソッドで、書き込むセルの位置を指定できる
      • getRange(1,1)とgetRange(‘A1'は同じ
      • getRange(‘A1’+1)は、getRange(‘A2’)と同じ
    • setValueでセルに値を代入
    • getTitleは、予定のタイトルを取得するもの

GASのMoment.jsを使って現在の日付&時刻を取得する

共通のまえがき

  • 自分向けのメモなので、コードを記載して何か起きても責任は取りませんm(. .)m

GASのMoment.jsを使って現在の日付&時刻を取得する

GASの勉強をするにあたって、moment.jsを試してみる。

こういうコードを書くと

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();//現在の日付&時刻を取得
  var x = new Date(); //新しいDateオブジェクトの生成
  Logger.log(x); //実行結果をログに残す
}

こういうふうに現時点の日付&時刻を取得することができる。 f:id:kaito87:20170509232633p:plain

以上、終わり、とすることも出来るんだけど、自分の理解を深めるために覚え書きしておく

moment.jsとは

  • JSで日付を扱う時に便利なライブラリ。GASにもある。
  • デフォルトで備わっている機能ではない。
  • Moment.jsを事前に追加しておく必要がある
  • 詳細はこれに詳しい
  • GASではMoment.moment()とすると、現時点の日付と時刻を取得できる。

Dateオブジェクトについて

  • new Dateについて
  • DateとはGASの組み込みオブジェクト
  • Dateをつかうと、年月や日付、曜日、時刻をJSで取り扱うことができる。
  • new Dateは、新しくDateオブジェクトを生成するぜ、という意味。
  • 正直、DateオブジェクトとMoment.jsの役割の違いがよくわかっていないが、「Moment.jsはDateオブジェクトを補完するものである」、という仮置きですすめる。

日付でも時刻でも簡単に取り出せる

日付だけ抽出し、"2017年05月08日"と表示したい場合はこう書く

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();
  Logger.log(x.format('YYYY年MM月DD日'));
}

時刻だけを抽出し、"12:34"と表示したい場合はこう書く

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();
  Logger.log(x.format('HH:mm'));
}
  • ここでnew Dateはいらない(書くとエラーになる)。
  • フォーマットが指定されているから、new Dateを書く必要が無いのだと思う。

今週のPocket:森岡毅氏インタビュー、ヘルスケア大学の闇、Google Docフィッシング詐欺、イーロンマスクの学び方、など11記事。

f:id:kaito87:20170507234920p:plain

【今週の一言】

GWは外壁塗装にまつわる本を10冊くらい購入し、読み漁っておりました。アマゾンのレコメンドは外壁塗装系の書籍でいい感じに埋め尽くされていて、今度はDIYで自宅の壁を塗装してやろうかと模索しております。

新しい分野を勉強するときには、片っ端から本を読んで脳をドップリ浸ける作業を行うのですが、GWに入ったときに偶然出会った、イーロンマスクの記事に感化され、これを意識しながらインプットしました。

イーロンマスクがロケット事業を立ち上げる時、原材料費まで分解してコスト構造を調べた話は一部では有名ですが、事業を左右する要因を1つ1つ分解して本質に近づく彼の物理学的アプローチには見習うべき点が多いなと感じました。

さてお待たせしました、今週のニュースです。


■ analytics

事前にいろいろ仕込んでおくことが必要。こういう分析って楽しいですよね。Tableau使っている人はぜひ。 web-kaizen.co.jp


ppc

GoogleFacebook以外の2社は前年割れやんけ!という衝撃。 unyoo.jp


マーケティング

「私は、USJにいた時、146個の定点計量する数値を毎朝見ていました。それを見ながら「ん?」って思った所を掘っていく。」 globis.jp


■ 他

エピソードが日本人の達人って感じ。 gendai.ismedia.jp


それでも素人にはデザインは難しいので、クリエイティブプランニングの需要は残るはず。 medium.com


WELQ以降、毎週のようにこういう記事があって、もう食傷気味。 news.yahoo.co.jp


オンボーディングの意識。ランチ1つ有るだけでも、だいぶ違いますよねぇ。 corp.en-japan.com


これは騙される。 jp.techcrunch.com


楽しいと楽は違う。誰も真似出来ないくらいやってるんだよな。 gori.me


さすが物理学を先行していたイーロンマスクらしい学び方。最小単位まで分解する課程で、「あ、おれ分かった気になってた」となる。 www.weforum.org


Hands-On精神はとても大事だと思います。 note.mu