読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらばださくらば

週に1回、Pocketした記事をシェアします。

広告運用が自動化される時代に求められる仕事のスタンスについて、考えてみた。

2年前くらいに書いた「運用者のキャリアって悩ましいよね」というコラムを、会社の人が読んでくれたようで、面白いといってもらえた。 月間100PVの弱小ブログですけど、こういう一部の層に向けて書いているので感想を頂けるのは非常に嬉しい。

久々の広告コラムは「自動化」について。前回書いたことから、いろいろ思考を通してみたので、雑にまとめてみる。

自動化で「捨てられる」仕事とは

なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?を読んだ。

リステイング広告は完璧を目指すとキリがない。だから、取り組むこと以上に「捨てること」を決めることが必要だ、という一節があった。

うむ、確かに。

本書では、リスティング広告で「取り組むこと」と「捨てること」について、以下のようにまとめてあった。

捨てること
リスティング広告だけで成果を出そうとすることへのこだわり
・マニュアル(手動)管理志向(アンチ自動化志向)
・部分成果至上主義

取り組むこと
・戦略(上流)
・自動化
・環境調査

今はGoogleの自動入札が進化したから、「あとは全部Googleに任せる」という選択肢も、確かにアリだと思う。代理店に勤めているときは、こういうことを考えたこともなかったので、ちょっと新鮮でした。


自動化されるのはタスクである

自動化、と聞くと思い起こす記事はこれ。世間的なAIへの見方はこれだと思う。

wired.jp

でも、実態はこっち。まだまだ機械はタスクの自動化にとどまると思う。

digital-innovation-lab.jp

自動化がどんなに進んでも、所詮GoogleFacebookくらいで、国産のサービスは手動対応しなければならないところが多いし、直近で解消される目処はない。

ただし、運用者の仕事はどんどん二分されると思う。

「入札業務はすべて機械に任せる時代だから、自分は他の仕事をしよう」と考えている人は、自然とそういう仕事が入ってくるし(そうなるように仕事しているから)

「いや、結局手動対応が大事だから、手動対応で丁寧に運用しよう」と考えている人は、そういう仕事が引き続き入ってくると思う。(だってそういう風に仕事しているから)


結局は仕事のスタイル

やはり手動運用が全面的になくなるとは考えづらい。消えることは当分ないと考えています。

ただし、運用者の広告観や仕事のスタイルによって、今後どういう仕事をするかが変わってくるのかなとは思う。(広告に限った話でも無い気がするけど)

一般的に、"自動化"と聞くと、「機械が出来ない、人間にしか出来ない仕事は?」」みたいな問いになりがち。下の図のように、襲いかかる波から生き伸びるため、「人間にしか出来ない仕事」を求めて逃げるイメージ。 f:id:kaito87:20170524015119p:plain

だけど、個人的にこの問いの立て方はなんだかズレているような気がしていて、前述のように、機械が自動化するのはタスクの方だし、今や「入札業務は行わない」というスタンスもアリなわけで。

だったら、「やりたい仕事をするために、機械に働いてもらう」という考え方のほうが健康的だと思うんですよね。 f:id:kaito87:20170524015136p:plain

という考えを、社内の勉強会でつかった資料も交えて書いてみた。

今週のPocket:統計ダッシュボード、運用型広告で意識すること、グロースハックのプロセスなど6記事

f:id:kaito87:20170521225245p:plain

【今週の一言】

サイタのカメラ教室に申し込んでみました。半年前に買ったカメラが押し入れの奥で埃を被っていたので、強制的にアウトプットする環境をつくりたい、というのと、これ以上座学で勉強することに限界を感じていたので、理論的に学びたいというのが理由です。6月から本格的に始まるので頑張ります。

さてお待たせしました、今週のニュースです。

■ analytics

僕も同じ意見で、フロー系レポートは使わなくてもいいと思います。パターンが多岐にわたりすぎるので、特定ページの直前・直後に絞ったほう良いなと思っています。フォーム直前ページとか、見るとおもしろいです。 web-tan.forum.impressrd.jp

ppc

YDNは今年に入ってから改善に意欲的。どんどんGoogleに近くなっていきますね。個人的には、早く広告グループ単位での調整をもっと柔軟にできるようになって欲しい。。 unyoo.jp


同意です。加えて「情報を鵜呑みにせず一次情報を重要視する」とかも大事だと思います。 unyoo.jp


マーケティング

面白い。ずっと触っていたくなる。

統計ダッシュボード


■ 他

うちのセクションでも話題に。ユーザーテストの勉強とかやってみようかしら。 growiz.us


情報が多すぎてお腹いっぱい感ありますが。GoogleHomeと画像認識の今後が楽しみです。 jp.techcrunch.com

GASをつかってGoogleカレンダーの予定を取得し、Googleスプレッドシートに記載する

共通のまえがき

  • 自分向けのメモなので、コードを記載して何か起きても責任は取りませんm(. .)m

GASをつかってGoogleカレンダーの予定を取得し、Googleスプレッドシートに記載する

今回作りたいのは、GASをつかって、カレンダーの予定をスプレッドシートに書き込むもの

こうやってGoogleカレンダーの予定を取得し…

function Calendar() {
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('XXXXXXXXXXXX');//カレンダーIDを指定
  var events = cal.getEventsForDay(new Date('2017/05/09')); //対象の日付を指定
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();//アクティブなシートを指定
 
  for // forで繰り返し
    (var i=0; i<events.length; i++){//繰り返す回数は予定の個数分
      ss.getRange('A'+(i+1)).setValue(events[i].getTitle());//A1に代入 予定のタイトル 代入したらiに1を足す
  }
}



こんな風にスプレッドシートに書き込むスクリプト

開始時刻や終了時刻、場所は今回取り扱わない。シンプルに名前だけ。

f:id:kaito87:20170510021611p:plain

※実際に取得できたものを書き換えてます

Googleカレンダーから取得する

  • functionの名前は任意

    • とりあえず、"Calendar"としておく
  • どこのカレンダーから予定を取得するのか問題

    • カレンダーIDをつかって、予定を取ってくるカレンダーを指定する
    • 指定するためには、getCalendarByIdメソッドを使う
  • 次は取得する日時を指定しなくてはならない。

    • getEvents と getEventsForDay の2種類
    • getEventsメソッドでは、日付範囲を指定できる。
    • 特定の日付のイベントだけを取得するgetEventsForDayメソッド
//getEventsForDayをつかう場合

function Calendar() {
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('XXXXXXXXXXXX');//カレンダーIDを指定
  var events = cal.getEventsForDay(new Date('2017/05/09')); //対象の日付を指定
}

スプレッドシートに書き込む

  • スプレッドシートでアクティブシートに書き出すことにする。

    • getActiveSheetメソッド
    • SpreadsheetApp.getActiveSheet()と記載すると、アクティブシートを指定できる。
  • For文と、いくつかのメソッドを使って予定を書き込む

    • lengthメソッドで、指定した日付に予定がいくつあるか、数えることができる
    • getRangeメソッドで、書き込むセルの位置を指定できる
      • getRange(1,1)とgetRange(‘A1'は同じ
      • getRange(‘A1’+1)は、getRange(‘A2’)と同じ
    • setValueでセルに値を代入
    • getTitleは、予定のタイトルを取得するもの

GASのMoment.jsを使って現在の日付&時刻を取得する

共通のまえがき

  • 自分向けのメモなので、コードを記載して何か起きても責任は取りませんm(. .)m

GASのMoment.jsを使って現在の日付&時刻を取得する

GASの勉強をするにあたって、moment.jsを試してみる。

こういうコードを書くと

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();//現在の日付&時刻を取得
  var x = new Date(); //新しいDateオブジェクトの生成
  Logger.log(x); //実行結果をログに残す
}

こういうふうに現時点の日付&時刻を取得することができる。 f:id:kaito87:20170509232633p:plain

以上、終わり、とすることも出来るんだけど、自分の理解を深めるために覚え書きしておく

moment.jsとは

  • JSで日付を扱う時に便利なライブラリ。GASにもある。
  • デフォルトで備わっている機能ではない。
  • Moment.jsを事前に追加しておく必要がある
  • 詳細はこれに詳しい
  • GASではMoment.moment()とすると、現時点の日付と時刻を取得できる。

Dateオブジェクトについて

  • new Dateについて
  • DateとはGASの組み込みオブジェクト
  • Dateをつかうと、年月や日付、曜日、時刻をJSで取り扱うことができる。
  • new Dateは、新しくDateオブジェクトを生成するぜ、という意味。
  • 正直、DateオブジェクトとMoment.jsの役割の違いがよくわかっていないが、「Moment.jsはDateオブジェクトを補完するものである」、という仮置きですすめる。

日付でも時刻でも簡単に取り出せる

日付だけ抽出し、"2017年05月08日"と表示したい場合はこう書く

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();
  Logger.log(x.format('YYYY年MM月DD日'));
}

時刻だけを抽出し、"12:34"と表示したい場合はこう書く

function myFunction() {
  var x = Moment.moment();
  Logger.log(x.format('HH:mm'));
}
  • ここでnew Dateはいらない(書くとエラーになる)。
  • フォーマットが指定されているから、new Dateを書く必要が無いのだと思う。

今週のPocket:森岡毅氏インタビュー、ヘルスケア大学の闇、Google Docフィッシング詐欺、イーロンマスクの学び方、など11記事。

f:id:kaito87:20170507234920p:plain

【今週の一言】

GWは外壁塗装にまつわる本を10冊くらい購入し、読み漁っておりました。アマゾンのレコメンドは外壁塗装系の書籍でいい感じに埋め尽くされていて、今度はDIYで自宅の壁を塗装してやろうかと模索しております。

新しい分野を勉強するときには、片っ端から本を読んで脳をドップリ浸ける作業を行うのですが、GWに入ったときに偶然出会った、イーロンマスクの記事に感化され、これを意識しながらインプットしました。

イーロンマスクがロケット事業を立ち上げる時、原材料費まで分解してコスト構造を調べた話は一部では有名ですが、事業を左右する要因を1つ1つ分解して本質に近づく彼の物理学的アプローチには見習うべき点が多いなと感じました。

さてお待たせしました、今週のニュースです。


■ analytics

事前にいろいろ仕込んでおくことが必要。こういう分析って楽しいですよね。Tableau使っている人はぜひ。 web-kaizen.co.jp


ppc

GoogleFacebook以外の2社は前年割れやんけ!という衝撃。 unyoo.jp


マーケティング

「私は、USJにいた時、146個の定点計量する数値を毎朝見ていました。それを見ながら「ん?」って思った所を掘っていく。」 globis.jp


■ 他

エピソードが日本人の達人って感じ。 gendai.ismedia.jp


それでも素人にはデザインは難しいので、クリエイティブプランニングの需要は残るはず。 medium.com


WELQ以降、毎週のようにこういう記事があって、もう食傷気味。 news.yahoo.co.jp


オンボーディングの意識。ランチ1つ有るだけでも、だいぶ違いますよねぇ。 corp.en-japan.com


これは騙される。 jp.techcrunch.com


楽しいと楽は違う。誰も真似出来ないくらいやってるんだよな。 gori.me


さすが物理学を先行していたイーロンマスクらしい学び方。最小単位まで分解する課程で、「あ、おれ分かった気になってた」となる。 www.weforum.org


Hands-On精神はとても大事だと思います。 note.mu

今週のPocket:F8の発表内容まとめ、スマートディスプレイキャンペーン、テーマパークにSEO導入、など15記事。

f:id:kaito87:20170430235556p:plain

【今週の一言】

先週、出会ったコーチ・ユナイテッドさんの記事には頷くところが多くありました。早速同じセクションの新卒にも記事を共有し、自ら仕事を作っていってほしいと伝えました。

休学して大学2年で社員に。新卒入社でもベンチャーで即戦力になるための4つの心構え | サイタ 開発者ブログ

本記事では、「何をやらないか」がとても大事と書かれていますが、最近になってこの「何をやらないかを決める」大切さを痛感しています。僕は毎朝ニュースを収集することを習慣にしていたのですが、今週から平日のニュース収集を5分だけとし、休日にまとめて精査するように変えました。平日は時間を割かないと決めると、ダラダラニュースを見ることがなくなりますし、「あとで読む」の機能も効率的に使えるようになって、よい循環になっているなと感じます。

さてお待たせしました、今週のニュースです。


ppc

発表内容が多すぎて、まだまだ咀嚼しきれていないですが、とりあえず。FacebookSpaceの動きには個人的に注目していまして、来週あたりにDMMでOculusを借りて体験してみる予定です。

Facebookの開発者カンファレンス「F8」の発表内容まとめ【2017年版】
http://unyoo.jp/2017/04/facebook_f8_2017/


検索向け類似ターゲティング、みたいな感じでしょうか。個人的には、キーワードをオーディエンスデータで拡張しても余りインパクトは無いのではと思っていますが、注目です。

Coming Soon: Similar Audiences for Search Campaigns [Data]
http://www.wordstream.com/blog/ws/2017/04/25/similar-audiences-for-search-campaigns


これによって、GDNの自動化は完成形に到達したと考えています。すごい。

AdWordsスマートディスプレイキャンペーンがすべての広告主で利用可能に
http://unyoo.jp/2017/04/smart-display-campaigns/


3年後には、日本でも購入出来るようにならないだろうか。

GoogleのDoubleClickでテレビの広告枠も買えるようになった
http://jp.techcrunch.com/2017/04/24/20170424google-doubleclick-programmatic-tv/


seo

パンダ、ペンギンと来て、次はOwl(フクロウ)

Google、フェイクニュース対策として“プロジェクト アウル アップデート”を実施
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-project-owl-update/


すごく重要な記事。日本語ブログでは今までこういう記事がすくなかったので、Google日本の力の入れようが分かります。

Google 検索における最新の品質向上について
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/04/our-latest-quality-improvements-search.html


渡邊さんはいつも本質的な記事を書くなぁと思います。

テーマパークに SEO 提案をさせる理由 (SEO新人担当者向け)
http://www.sem-r.com/news-2015/20170424203440.html


マーケティング

断じて魔法ではないですけどね。

MAを導入してマッチング率が激増したってホントですか?/ビズリーチの冨里晋平さんに聞いてきた
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/04/20/25083


共感呼びまくり。

中小零細企業で新規商品・サービスのマーケ担当になった人に知っておいて欲しいこと
http://minmin.hatenadiary.jp/entry/2017/04/23/153912


「自分起点で周囲を説得し倒し、人を動かしてこそマーケター」

SUBARUが実践した、上司を説得し予算を獲得してデジタルシフトを成功させるための3つのポイント
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/04/17/25183


■ 他

最近、これの大事さをしみじみと感じます。

ライバルと差がつく!仕入れ先メーカーとの強固な関係の築き方
https://full-kaiten.com/note/relationship-with-supplier/


有安さんの記事はいつも面白い。

場数があれば、誰でも成長できる。挑戦する人だけが、場数を踏める。
http://angel-base.com/nobuhiro-ariyasu/


こちらも。刺激をもらえます。

休学して大学2年で社員に。新卒入社でもベンチャーで即戦力になるための4つの心構え
http://tech.cunited.jp/post/159968396960/kokorogamae


大事なことがいっぱい書いてあると思います。

IDOM(旧ガリバー)がAI導入して分かったこと
http://accuent.jp/blog/ai-idom/


どっちも同じものだと思ってました。

ユーザー体験から紐解く「個人間送金」アプリの仕組みと歴史(日本編)
http://hajipion.com/2376.html

広告主としてアフィリエイトをすることになりまして、読んだ本の感想をまとめます

f:id:kaito87:20170430230453p:plain

不動産サイトのマーケティングをしてるのですが、アフィリエイトに携わることになりました。アフィリエイトに触れるのは人生で初です。A8とかバリューコマースとかの名前は知ってますが、そのくらい。

この際ちゃんと勉強しようと思い、他ブログで紹介されている本をいくつか買って読んでみました。学んだことを雑に書き留めておきます。


■目次


サイト運営者が考えていることを知りたかった

知りたかったのは、「アフィリエイターさんっていつも何を考えているんだろう」ということですが、それを更に分解していくと、以下の3点に集約されたので、これを意識して読んでました。

  • アフィリエイトサイトを取り巻く制約や法律
  • どうやってみんなサイト運営を続けているのか
  • 広告主はアフィリエイターからどのように見られているのか

一方、GoogleAnalyticsやSearchConsoleの使い方、SEOについては詳しかったので、そのあたりの記述は読み飛ばしました。

読んだ本の中で良かったもの

4冊読んだ本の中で、『世界一やさしい アフィリエイトの教科書』と『プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト』の2冊はよかったです。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

アフィリエイトサイトを取り巻く制約や法律について

  • WELQの一件もあり、法律まわりはちゃんと抑えておきたいなと思いました。注意したい法律は「景表法」「薬事法」「著作権」「商標権」「肖像権」「不正競争防止法」など。

  • 特に根拠のないランキングについては、以下のような裁判も起きているため、気をつけておきたいなと思いました。

www.nikkei.com

どうやってみんなサイト運営を続けているの?

  • いろんなサイトでおすすめされているASPは以下の通りでした。僕は試しに全部登録しています。

  • ASPが主催しているセミナーや勉強会では、実際に広告主に会って話すこともできるらしく、積極的に参加したほうが良いなと思いました。

とにかく、約8割のアフィリエイターが収入1000円未満。続けることは大変。楽しんだり情熱を燃やしたりするような工夫がなくてはいけない。商品のジャンルに特化したサイトを作る方法もありますが、イケダハヤトさんのように、商品のジャンルを絞らず自分軸でいろんな商品やサービスを紹介するスタイルもあり、自分にあったものは何かをしる必要があるなと思いました。読書や旅行記、商品レビューは気軽にできるので、ここをまず始めてみようと思います。

広告主はどのように見られているのか

ズバリな記載はありませんでしたが、商品ジャンルや単価の考え方が、間接的に広告主の見られ方だと感じました。

  • 特単をねらいたい。でも最初は実績が大事(というか、その前に記事を書くことを習慣化しようね)
  • カジュアルに成約を狙うには単価が低いものだが、儲けたいなら単価が高いもの。
  • ただし単価が高くて成約率が低いと意味がない。

また、アフィリエイターと広告主が直接遭うのはセミナーや勉強会がメインになっている。良い記事を書くためには広告主に聞いてみる、広告主を意識した記事を書いてみる、などの助言がありましたが、どれも初心者向けなのかなという印象。

著者はすごい人たちでした

染谷昌利さん

鈴木利典さん

参考:他に読んだ本

アフィリエイトの王道

アフィリエイトの王道

ど素人でも稼げるネット副業の本

ど素人でも稼げるネット副業の本